透輝先生

 

①リノアに所属してどうか?

電話占いリノアの印象として最も大きいのは、会社のクリアなイメージです。本質的なところほど、実際に入ってみないと見えない部分ですが、私個人はここに一番の重要性を感じています。温かさも感じられます。

土台とは自分そのものでもあり、それを意図するとき、心から信頼して安心を置ける、そのような場所で鑑定をさせていただけることは、一番の感謝すべき有り難いことと日々感じています。とても大事で大切な場所になりました。

 

②リノアスタッフは?

大好きです。受付の方たち含め、すべての方を大事に思っています。

状況の良い時だけでなく、悪い時にもちゃんと繋がってくださる。甘えることもできる。“人と人の繋がりがあるからここにいたい”そう思わせてくれるものがここにはあります。

真心を感じられる人たちが集ま・・・そんな場所です。

“この方たちのためにも頑張りたい”
そう思う。大切な、活力源になっています。

透輝先生1

 

③リノアのメリットは?

新しい繋がり方のイメージ。

私には、一つのお部屋を頂きそこを大事に管理する感覚です。

時間も、関わり方も、鑑定もすべてを自分の中で、自分色に育てていくことができる場所。互いの信頼の上に、すべての人たちのプラスが生まれてゆく場所。

鑑定以外の自分の不得手は、すべて補って頂けています。鑑定という本当にしたいことだけに集中できるのは、とても嬉しく、素晴らしいことです。

 

④これから応募される方へ

出逢いも、一つの運と言えると思います。そこに出逢ったのは、ご縁ありき。

すべてに偶然はありません。

自分の居場所となるべき場所に、まだ出逢えてない方がいらっしゃるとしたら、この会社はあなたの居場所になれる、そういう会社です。自信を持って、お勧めさせていただきます。

多くの素敵な方が、この会社に出逢えますように。そして、この素敵な場所で共に邁進してゆけますように。素晴らしい日々を過ごしてゆけますように。心から楽しみ、願います。

透輝先生2

 

⑤先生の得意な占術は?

真心。偽りなき、欲なき淀みない精神です。

白龍や多くの存在を通じ、霊感・霊視・透視・波動修正を主としています。

霊的感性は生まれつきです。白龍や多くの存在とのご縁、クンダリーニやツインレイ体験を通して、更なるお力をその都度頂いたり、霊的覚醒が多重に広がり現在に至っています。

自分を通して伝わりくるメッセージを伝えさせていただきながら、個々にある心や魂、関わりがあれば今世や前世、溢れ出る映像、ワード・・・様々な絡みを紐解いてゆきます。

心とエネルギーの調整。必要な方へは霊的進化・覚醒のお手伝いを。個々に合わせ、すべての源であり根幹である土台を健やかに整えるお手伝いをさせていただいています。

心に同調して入ってゆくことで、相手が警戒なく、個人本来の素直で柔らかな、純粋な心や強みを引き出してくださる。そこが、私の個性であり強みでしょうか。すべての方の味方です。

必要がなければ特にお伝えはしませんが、軽い霊や念等は、鑑定をしながらすべて外し、こちらへ引き受けています。鑑定においても、自由な在り方を許して頂けていること、常感謝しています。

透輝先生3

 

⑥占い師になって良かったこと?

個人の話になりますが、私の場合は前世から同じような役割を幾度も重ねて参り、今世である今に至ります。

何でできるし求められる。ですが、生きる道は私の場合、この道のみでした。そして、それを開くということは「自分を受け入れ開示して生きる」ということでした。

「隠す」から受け入れ、認め、自分を生きることを始めたときすべてが開き、初めて本当の人生が始まりました。本当の私が生まれました。

人間には得手、不得手があります。

真心から人と関わる時、鑑定で私が守りたいもの、大切にしたいこと。会社との関わり。リノアというご縁を頂き、等身大の想いですべてが叶っている今があります。

この道にいることは、淀みない純粋な場所に身を置き続けることです。

更なる多くの経験や存在との関わりが生まれてゆく中で、内からの進化・成長を重ね、また、それを人さまのお役に立つことへと循環させてゆけることです。

生きるか死ぬかの病気になった瞬間さえ、心に残った「死ぬ瞬間までしたいこと」は、ただひとつ、不思議とこの道だけでした。

この道が大好きです。
毎日その幸せを、心から喜びに思い、過ごしています。

すべてはお蔭さまの中にあります。
自分という道を、安心して歩むことのできる環境を整えてくださり、守ってくださり、お役に立てる機会をくださり、私という存在を感じさせてくださり、本当に心より、すべての方へ感謝いたします。

これからも真心という位置ですべてへ関わり、淀みなく存在させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。