合格する為に気を付ける事

電話占いは、自宅にいながら時間を気にせず利用できることで人気があります。インターネットや通信回線を利用する電話占いは「占いの最先端」といえるでしょう。電話占い師を目指す人も増えており、競争率が激化しています。そのため、オーディションに落ちてしまう人も少なくありません。

では、電話占い師オーディションの合格を勝ちとるためには、どんなことに気をつければ良いのか、どうすれば採用になりやすいのかをご紹介させていただきます。占い師募集を見て今所属先を探している方は、是非お読みいただき参考にしてみて下さい。

合格する為に気を付ける事1

 

占い師募集の応募フォームで嘘を書かないのは基本

電話占い師のオーディションは、「書類選考」から始まります。書類選考に通ると「電話による確認」を経て、「実技オーディション」が実施される流れです。電話占い師になりたい人が最初にすることは、電話占いのサイト、占い師募集ページに設置された「応募フォーム」に必要事項を書くことです。

この内容に基づいて書類選考が行われます。占い師募集ページの応募フォームには、名前などの基本情報に加え、得意な占術や実績、待機可能時間などを記入します。このとき、嘘を書かないよう心掛けましょう。

応募があると占いサイトの運営側は、インターネットを駆使して応募者をチェックします。もしもブログやSNSなどに書いている内容と応募フォームの内容に違いがあれば、すぐに分かってしまうでしょう。運営側は信頼できるビジネスパートナーを探しているので、嘘をつく人間だと思われるのはマイナスにしかなりません。

書類選考に通ると、免許証などによる厳密な審査が再度行われるため、「遅かれ早かれ嘘は必ず知られてしまう」と思っておいたほうが無難です。実績をアピールするために「占い師歴」を長めに書きたくなるのが人情ですが、ベテランと思われれば求められるレベルも高くなってしまいます。

きちんと挨拶をしよう

書類選考に通ると、占い師募集ページの応募フォームの内容やその後の手順を確認するため運営側から電話がかかってきます。実技オーディションの前段階と軽く考えがちですが、すでに審査は始まっていると考えましょう。

電話確認では、質問されたことに明確に答えなくてはなりません。嘘をつくのはNGですし、答えられないことがあるのもマイナス要因です。ここでは、担当者としっかりコミュニケーションがとれるかどうかが問われます。また、相手に不快感を与えないような話し方をすることも大切です。

なかでも重視されるのが「挨拶」です。実際にお客様を相手にしたときにも、挨拶は第一印象を決める重要なポイントになります。さらに、この電話では応募動機や価値観が会社にマッチしているかどうかもチェックされます。あらかじめ占い師募集ページ、所属先の電話占い会社を確認して、どんな人材が求められているかを調べておくとミスマッチを防げます。

実技オーディションは確実に受けよう

電話占いの仕事は待機時間が長いという特徴があり、いつ仕事が入ってくるか予測がつきません。そのため、どんな時でも確実に仕事ができる状態を作れることも大切なポイントです。それは、実技オーディションでも同じです。

決められたオーディションの日に必ず電話に出る必要があります。例えば、オーディション日当日に、急な予定が入っても、別の日に変えて欲しいと願い出るのはあまり印象が良くありません。実際の仕事でもこうなのかと不安に思われてしまうからです。しっかり電話をとれるよう、万全の体制を整えておきましょう。

オーディションとはいえ、通常の会社であれば、面接と同じことになります。例えば大手企業に入社したい場合、面接日を変更する事はできないはずです。電話占いのオーディションとは言え、会社側もその日に担当者が時間を割いてオーディションの為に、予定を空けている事となりますので、そのあたりをよく把握した上で、確実な日程でオーディションの日程を組むようにしましょう。

また、オーディションに進むためには、最低でも1つは占術を習得している必要があります。特に注意すべきことは、スピーディな占術です。対面占いではパフォーマンスで雰囲気作りをすることができますが、電話占いではどんなにパフォーマンスをしても目には視えない為、そのパフォーマンスを伝えるのは大変難しいです。

しかしながら、無言の時間というのもは実際に電話占いをされる際にはお客様に暇な時間を与えてしまう事となります。無言の1分・2分の時間程長く感じるものはありません。その為、タロットカード等をシャッフルする際にもお客様に言葉をかけながら、もしくはシャッフルしている様子が、電話越しでもお客様に伝わるよう、先生がカードをシャッフルしてる姿が目に浮かぶような形で行うのが良いでしょう。

お客様はなるべく短い時間で良い占いをしてくれることを求めています。普段鑑定に時間がかかる人は、オーディションでスピード感のある占いができるよう、しっかり鍛錬しておきましょう。また、お客様には鑑定の様子は見えないので、「こうなりました」などの曖昧な表現をするくせのある人は要注意です。しっかりとした説明をした上で、結果と共にアドバイスをお伝えするようにするのが良いでしょう。

合格する為に気を付ける事2

 

どんな鑑定が求められているか知ろう

オーディションで不合格になってしまう人に多いのが、独りよがりな占いです。占い鑑定の結果、さまざまなことが見えたとしても、お客様のニーズに応えられなければ意味がありません。お客様の悩みを理解してそれに寄り添う気持ちを伝えることは、お客様の満足度を上げることに密接に関わっています。

そもそも、電話占いの仕事で成功するには、リピーターを獲得することが不可欠です。電話占いを利用する人が増えているとはいえ、初回利用の数は限られているからです。お客様に納得してもらえるような占いができなければ、2度と利用してもらえないかもしれません。

「お客様が何に悩んでいるか」「お客様が言葉にしたこと以上に深い悩みが隠れていないか」をしっかり見極めなくてはならないのです。お客様が「的外れだ」「分かってもらえない」「当たっていない」という気持ちにならないように、そのニーズを的確に把握できるよう努めましょう。

合格する為に気を付ける事3

プロとしての意識を持とう

オーディションに合格し採用になったら、電話占い師のプロとしての活動がスタートします。それは会社の信用や評判も背負っていくことを意味します。お客様は電話占いサイトを信用して電話をしてくるケースが多く、電話占い師1人1人が会社の顔となることをしっかり自覚する必要があるでしょう。

お客様に対して責任を果たすのはもちろんのこと、自分の都合で急に予定を変更して会社に迷惑をかけたり、お客様の悩みをSNSに書いたりする行為は避けなければなりません。また、契約した以上はルールを守る事も大事です。オーディション全体を通して運営側が、「プロ意識があるかどうか」をチェックしていることを知っておきましょう。

 

電話占いリノアに応募

合格する為に気を付ける事の記事は参考になりましたでしょうか。電話占いリノアでは、電話占い・対面占いが未経験者の方でも、鑑定力・アドバイス力次第で在籍可能となります為、所属先を検討されている方は是非とも占い師募集ページをご覧いただき、ご応募下さいませ。

お客様へ寄り添う気持ちがお持ちで、占術をお持ちの方は、電話占いリノアの占い師募集ページをご確認いただき、占い師募集ページの応募フォームよりご応募いただければ、弊社占い師募集の求人担当者からご連絡させていただきます。

ご不明な点など御座いましたら、お気軽に電話占いリノアの占い師募集、求人担当までお問い合わせください。